資料請求・お問い合わせ

私たちは、地域のお客様に【いのちを守る家づくり】新築・分譲地コラボ企画・中古住宅建物調査・維持管理を通して、家守りとして地域社会に必要とされる会社を目指して頑張っております。

「循環空調」は建築時の最新の注意の積み重ねが生む高度な温熱環境技術!

草原住宅の「循環空調」は進化し続ける住環境技術の集大成です。

■循環空調暖房は、低温暖房で、なぜ快適なのか?

循環空調暖房は外気と循環送風を応用した低温空調暖房です。今までの暖房のように高温に頼らず、例えば「5月の草原の爽やかな風」が気持ちよく感じる様に、室内を循環するヒートポンプ「エアコン」による循環空調風により、快適な暖かさを感じる住宅です。冬の快適な室温は、20〜22℃です。室内に冷輻射が発生しないと、室温よりも2℃高い暖房温度で充分で、これを低温暖房と言います。

面倒な手入れや維持経費を大幅に削減。

◆草原住宅「循環空調」は、居室間の冷房ムラが出来ない。

■エアコンの直接風を感じさせない給気風の活用。

快適な微風が織りなす空調冷房。エアコンの直接的な冷房風ではなく、計画的な換気と給気が造り出す微風の流れは、住宅全体を循環し室内は、常に新鮮な空気で満たされ、室内どこでも温度差の少ない「循環空調」空気に包まれます。給気による自然空気の流れを活用し、冷房空気を住宅全体に循環させて、第3種換気の一連の空気の流れで、循環空気を住宅の隅々まで巡らせ、五月の爽やかな微風で快適な空調が実現します。

草原住宅「循環空調」の主要スペック。

◆機械力で行う「全館空調」は、工場並みの空調設備が必要に。

■イニシャルコストとランニングコスト、更にメンテナンスの容易さが重要です。

草原住宅の住宅開発の歩みは、お施主様に満足して頂ける住宅開発の歴史でした。近年、我が国の住宅性能も、欧米の住宅レベルに到達してまいりました。我が国は、寒冷地並みの寒さと熱帯降雨林並みの温度と湿度、更に梅雨という、欧米とは異なる独特の気候風土があります。草原住宅は九州住環境研究会に参加し、温暖地域の九州、熊本に最も適した躯体構造を学ばせて頂き、この度、独自工法草原住宅「循環空調」を開発致しました。

草原住宅「循環空調」は、高性能住宅開発から生まれた
究極の超シンプル「全館空調」システムです。

◆草原住宅「循環空調」の基本スペック

■躯体構造

木造構造 / 在来軸組・プレカット工法

■壁断熱工法

外張断熱工法 / ダブル断熱工法

■基礎断熱・天井断熱工法

基礎防蟻内部断熱工法 / 天井断熱工法

■気密施工

気密性能(C値=0.5cm2/m2)以下 / 平均C値=0.3cm2/m2

■体感温度

上下・左右の温度差(2℃以内)

■暖冷房方式

エアコン2台(1台は補助暖冷房)

■開口部

樹脂サッシ、複層・トリプルガラス

■基礎本体・束施工法

耐圧盤配筋基礎 / 鋼製束施工

◆断熱・気密性能の要は開口部性能、開口部性能が悪いと全てが水の泡です。


■寒冷地、騒音地域には「トリプルガラス樹脂サッシ」。

草原住宅で採用している樹脂サッシは「エクセルシャノン」製の国産樹脂サッシです。このサッシを採用しているのは、災害に対する強度と性能です。近年、アルミサッシメーカーも樹脂サッシを販売していますが、ガラス性能は高くても圧倒的にサッシ本体の強度が違います。


■市街地には「複層ガラス樹脂サッシ」を勧めています。

同じ樹脂サッシでも「エクセルシャノン」製、樹脂サッシはガラス性能の熱貫流率(ガラス+樹脂の総合評価)だけではなく、樹脂サッシそのものの断熱性能が高く、信頼性が非常に高い製品です。同じ熊本でも複層ガラスで充分な場所には、複層ガラスをお勧めしています。